伝統もよう 琴柱

琴の弦を支える琴柱を模したもようだそうです

写真右から3番目のゆびぬきは、並刺しで途中までかがったものです

この一度かがった上にさらに別のもようを重ねる 重ね刺しの技法で作ります

もようを細かくしたり、線を入れたり、配色のパターンを変えたり、

いろいろなアレンジが楽しめます